JACCロゴ 社団法人 日本中国料理協会
Home
協会情報
入会案内
関連リンク
お問合せ
News

第3回国産ニジマス中国料理コンクール 決勝大会開催

写真:競技風景

競技風景

写真:主催者と決勝進出選手

主催者と決勝進出選手

国産ニジマス中国料理コンクールの決勝大会が平成20年11月25日、東京誠心調理師専門学校にて開催されました。 第3回目となる今回は、A部門を定食、B部門をアラカルト料理として作品を募集しました。応募総数は両部門合わせて170点にのぼり、中国料理調理人のニジマスに対する関心の高さを見ることができました。

決勝会場では山中一男日中協専務理事・技術委員長がコンクール審査委員長を務め、日中協役員及び全国養鱒振興協会会長理事からなる審査委員により味・香、色・形、基本技術、創造性、経済性をポイントに、試食を含む審査が行われました。
決勝戦終了後、選手と審査員は港区高輪のグランドプリンスホテル新高輪の国際館パミールに移動し、表彰式が開催されました。10点の決勝作品が会場に並べられ、選手たちは競い合ったライバルの作品を熱心に観察、試食し、新しいアイディアや技術などを研究していました。

「第3回国産ニジマス中国料理コンクール」A部門金賞は滋賀県、中国料理沙羅の北川和仁さん、B部門金賞も滋賀県、中国料理沙羅の中島幸泰さんが受賞しました。今回は、同じ店舗より2名の金賞受賞者が出るという快挙が成し遂げられ、表彰式会場は大変盛り上がりました。


受賞者とその作品

【A部門】

金賞/水産庁長官賞

北川 和仁(中国料理 沙羅)

作品名:三種の味が一つの味わいになる鱒定食

作品名:三種の味が一つの味わいになる鱒定食

銀賞/全国内水面漁業協同組合連合会長賞

新立 有(オームタガーデンホテル)

作品名:虹鱒を楽しむ彩どりランチ

作品名:虹鱒を楽しむ彩どりランチ

銅賞/社団法人日本養魚飼料協会理事長賞

浅野 睦夫(味処「千両」)

作品名:虹鱒の二種にんにく蒸し

作品名:虹鱒を楽しむ彩どりランチ

【B部門】

金賞/水産庁長官賞

中島 幸泰(中国料理 沙羅)

作品名:虹鱒の二種にんにく蒸し

作品名:虹鱒の二種にんにく蒸し

銀賞/全国内水面漁業協同組合連合会長賞

国分 静夫(ラフレさいたま)

作品名:ニジマスのオーブン焼きと子孫蒸しのお茶会

作品名:ニジマスのオーブン焼きと子孫蒸しのお茶会

銅賞/社団法人日本養魚飼料協会理事長賞

木村 祥吾(ホテル函館ロイヤル)

作品名:虹鱒三種料理の盛り合わせ

作品名:虹鱒三種料理の盛り合わせ

写真をクリックすると大きくなります。

Copyright (C) 2001-2006 The Japan Association of Chinese Cuisine.