JACCロゴ 公益社団法人 日本中国料理協会
Home
協会情報
入会案内
関連リンク
お問合せ
News
中国料理美食展2016開幕

 青年調理士のための中国料理コンクール決勝50作品展示、料理実演や出展会社の関連商品展示などで賑わう

中国料理美食展2016

 「中国料理美食展2016」は、平成28年5月24日(火)午前10時、東京・渋谷のセルリアンタワー東京ホテルで華やかに幕を開けた。美食展の会場となった「ボールルーム」は多くの来賓や会員で賑わい、展示された決勝作品をカメラに収める人や見入る人の姿が多く見られた。また、趣向を凝らした各出展ブースも人で溢れ、今年の美食展も例年どどおりの活気溢れるものとなった。


写真:オープン前に整列した選手たち

オープン前に整列する選手たち。

オープニングセレモニー

 美食展のオープン前に、青年調理士のための全日本中国料理コンクールで決勝に進んだ50名の選手が白衣で勢揃いした。

写真:陳建一会長

開幕式で挨拶をする陳建一会長。

 テープカットに先立ち、陳建一会長は次のように挨拶。
「厚生労働省、農林水産省、国土交通省、観光庁、東京都並びに中華人民共和国駐日本国大使館、中国国家観光局の後援の下、賛助会員各社の協力をいただき「中国料理美食展2016」を開催できましたことは誠に喜ばしい限りでございます。
この催しは、2年の一度の「青年調理士のための全日本中国料理コンクール」を中心に、「コンクール決勝作品展」、「中国料理関連食品展」「名厨師表演」、「中国料理関連セミナー」を併設して開催するもので、今回で数えて11回目を迎えました。
当会が公益社団法人に移行して2回目となる大規模な催しであり、当会にとっては最重要な公益事業のひとつでございます。
大会開催の最大の目的は、青年部層の調理技能の向上にありますが、全国青年部から選ばれた役員の皆様が、この大会を通じて培ったノウハウを勤務先店舗の維持、発展に役立て、就労支援に繋げて後継者の育成、後進の入職促進に役立てることにあります。あわせて、中国料理および中国料理業の振興をはかり一般消費者への普及啓蒙に繋げて、国の行う食育事業、我が国の農漁畜産物の消費拡大に多大な貢献ができることは、誠に時宜に叶った事業と申すことができます。
このことは、平素よりお世話になっている、この大会の後援諸機関および出展企業のみならず、多数の中国料理愛好者の皆さまへの恩返しとも考えております。
本大会を通じて、青年調理士諸君が研鑽の成果を存分に発揮いただき、さらに、サービス関係者共々運営の実績を積むことで、明日の業界の中心的担い手となっていただくことを願っております。」

写真:テープカット

開幕を告げるテープカット。

テープカット
  テープカットは、来賓の金内久・厚生労働省職業能力開発局能力評価課上席職業能力検定官、高橋一郎・農林水産省食料産業局食文化・市場開拓課外食産業室長、王軍・中国大使館参事官兼総領事、田村憲久・衆議院議員、梁樹能名誉会長、陳建一会長、斉藤隆士顧問、山中一男副会長・大会審査委員長、近藤紳二副会長・執行委員長により行われた。



写真:決勝作品の展示

決勝作品の展示

決勝作品を展示

 会場には、コンクールの決勝に進んだ選手たちの作品が部門ごとに展示された。展示前には「圓卓」掲載のため、午前6時30分から会場の隅に組まれたセットで各作品が行われた。各選手の力作は10頁でご紹介したとおりである。


写真:視察に訪れた根本復興大臣
写真:料理実演
試食あり、トークありの
楽しい調理実演。
どの展示ブースにも多くの人が
集まっていた。

料理実演やセミナーなど

 午後0時20分からは「アメリカ大豆輸出協会」の日本代表である西村允之氏によるセミナーが行われた。
その後、午後2時20分から脇屋友詞副会長による調理実演が行われ、会場内は満席。出入り口まで立見の見学者で溢れた。脇屋副会長による料理は、株式会社タカビシ食品の「熟成 うつぼフィーレ骨無」を使った芋??圏肉、沖縄県農業協同組合の「手摘みのシークヮーサーしぼり」と不二製油株式会社の豆乳クリーム「濃久里夢」を使用した香芒凍布甸(プリン)の2品。
続いて午後3時からは、陳会長による沖縄ハム総合食品株式会社の「すっぽん」を使った紅?水魚が披露された。その後、陳会長、脇屋副会長、菰田欣也専務理事という貴重な3ショットが実現し、終始、和やかな雰囲気で調理実演は終了した。

展示ブースも盛況

 今年は48社のブースが出展し、新製品や話題の商品の情報を求める人、試食・試飲をする人で例年以上に賑わった。また、さまざまな分野の企業や団体と交流を深めている人も多く見受けられた。

熊本地震被災地支援 募金

 美食展と賞味会の会場では受付に募金箱を設置し、熊本地震による被災地支援を呼びかけた。寄せられた募金額6万7千71円は、後日、熊本県支部を通じて被災地への支援金の一部として贈られた。

 

陳建一会長と脇屋友詞副会長による 楽しい調理実演

Copyright (C) 2001-2006 The Japan Association of Chinese Cuisine.