JACCロゴ 社団法人 日本中国料理協会
Home
協会情報
入会案内
関連リンク
お問合せ

News

    「食養薬膳調理」養成通信講座スタート 初年度受講生63名

 中華中医薬学会栄養薬膳専家分会と通信教育講座の協議書を締結した当会では、同分会との協議を重ねながらカリキュラム策定及びテキスト作成を進め、平成22年8月にテキスト上巻を完成させて、同9月より念願の第一期通信講座をスタートさせました。

 この講座の目的は、基本的な東洋医学の理論と、食養並びに薬膳をしっかりと学ぶことを基に、受講者が健康的な中国料理の正しいレシピを作成する力を身に付け、あわせて調理の現場で実際に活用することにあります。その能力の証明として理論と実技試験からなる「栄養薬膳師」試験がありますが、受講修了者にはこの試験の受験資格が与えられます。
第一期の講座には、全国より63名の受講者が集まり、12月現在、毎月1回計3回の講座を終えたところです。

 この講座のシステムは、一期2年の長丁場の中で、計20回の講座と2回のスクーリングがあり、毎月上旬にカリキュラムに則って一定範囲からの課題が受講者に送られ、同月下旬の締切までに受講者が解答並びに質問、感想等を記入して事務局に返送します。
この内容を講師が添削し、質問に対する回答や感想に対するアドバイス等を添えて次回の課題とともに翌月上旬に改めて受講者に送ります。

 これを繰り返すことで、毎回の課題に対する受講者の理解度がわかり、受講者は、講師のコメントを参考に、得意箇所はもとより苦手箇所を繰り返し学ぶことで、最終的にはテキストに書かれている内容が理解できるようになるというものです。

    第二期のスタートは平成23年9月です。



Copyright (C) 2001-2006 The Japan Association of Chinese Cuisine.