JACCロゴ 社団法人 日本中国料理協会
Home
協会情報
入会案内
関連リンク
お問合せ

News

第46回海外研修視察旅行報告

食の都・香港の料理の数々を賞味する旅

平成22年3月8日より11日まで、第46回海外研修視察旅行団(福井信夫団長)一行27名が香港を訪れ、本場香港の料理を堪能し、研修を行いました。


写真:地下鉄での移動

今回は地下鉄による移動

写真:仔豚の丸焼き

香港名物仔豚の丸焼き

写真:女人街

女人街は相変わらずの混雑ぶり
         

3月8日(月)

関西、名古屋、福岡、成田の各空港より27名が香港国際空港に降り立ちました。現地の天候はあいにくの雨。香港の割には気温が低く、地元の人でもダウンジャケットを羽織り、日本とあまり変わらない印象でした。通常は空港から全員揃ってチャーターバスに乗り宿泊ホテルへ向かうところですが、今回は初の試みとして、公共交通機関を利用して移動するという手段を採りました。団員の皆さんは慣れたもので各自路線バスに乗り込み、ホテル近くの佐敦で下車。新楽酒店(Shamrock Hotel)に全員無事にチェックインできました。

少し休憩した後、午後5時半夕食会場に向けて出発。香港では地下鉄、バス、トラムなどの料金支払いに共通で使用できるオクトパスカードが便利。(路上パーキングの支払いにも使えるようでした)全員このカードを利用して地下鉄に乗り、太子駅近くの鳳城酒家へ。仔豚の丸焼きに始まり、香港の名物料理の数々を堪能し、食後はホテルへ直接帰る組、女人街で買い物をする組に分かれて解散となりました。


3月9日(火)

朝食はホテルから歩いて5分の彌敦粥麺家にて。昔ながらのお粥とそれに浸けて食べる揚げパンが絶品でした。小さなお店に朝から30名弱で押し寄せてしまいましたが、店員さんたちはテキパキと注文をさばいていました。美味しいお粥と麺類で体を内側から温めた後は、小雨の降る中自由行動。三々五々、調理道具や食材の買出しに出発しました。

昼食は鳩料理で有名な沙田の龍華酒店にて。ホテルから李錦記の社用バスでレストランへ向かいました。メインの鳩料理を食べている間は皆鳩の解体に集中しているため、蟹を食べているときと同じように無言でした。昼食後は香港ジョッキークラブの厨房を見学。衛生管理が厳しく、1時間ごとにチャイム代わりの音楽を鳴らし、作業を中断して手洗いをするという規則がありました。レストランがある場所はレースが一番盛り上がるゴールの目の前。レース開催中は落ち着いて食事できないのではないかと思いました。

その後は李錦記の本社を表敬訪問。生産ラインや管理室、品質検査室、社員食堂などを見学しました。夕食は西貢の全記海鮮酒家にて。入り口前には水槽が立ち並び、材料となる大きな魚介類がたくさん入っていました。食後はホテルに帰り、香港の夜を探索する人、ホテルでゆっくり休む人などに分かれました。


3月10日(水)

朝、地下鉄に乗り上環に行き、飲茶で有名な蓮香樓で朝食を取りました。もちろん店内は地元の人たちで大賑わい。団員は数名ずつ分かれて、地元のお客さんと相席でテーブルにつき、本場の飲茶を堪能しました。店員のお茶のサービスなどは荒っぽいところがありましたが、これが香港流の仕事なのだろうと思うことにしました。

          

写真:飲茶

地元の人たちに混じって飲茶を堪能
          

写真:スターフェリー

スターフェリーから見る景色に釘付け

この後トラムに乗って乾物屋街へ。立ち並ぶ店にはぎっしりと高級乾物類が積まれていました。店先には猫が寝ていましたが、いたずらでかじったりしないのが不思議でした。各自買い物を終えて、再度トラムに乗り銅鑼湾へ。予想以上の乗車時間で、開いた窓からは冷たい風が吹き込み、寒がる人がたくさんいました。

トラムから降り、銅鑼湾廣場にある泉章居へ。レストランはデパートの中にあり、平日の昼間にもかかわらず結構賑わっていました。このお店は梅菜扣肉などの客家料理が有名。お昼からお腹一杯に食べた後は、道具屋街の探索やショッピングなど各自自由時間を満喫。

夕方ホテルに再集合して地下鉄で尖沙咀へ。尖沙咀の駅から船着場まで香港の街を眺めながら散歩しました。そしてスターフェリーに乗り中環へ向かいましたがここで問題発生、団員3名が行方不明に。香港の景色に見惚れていてはぐれてしまい、フェリーに乗り遅れたのでした。しかしさすがに旅慣れた人たち。後のフェリーに乗り、タクシーを利用して、本隊が到着するよりも早く夕食会場のレストランに着いていました。本隊の方はというと、中環でフェリーを降りてから約30分歩いてレストランに向かったため追い抜かれてしまったのです。

ここが全員が揃う最後の食事。仔豚の丸焼きやハタの姿蒸し、ガチョウの丸焼きなど香港料理を堪能し、お酒もたくさん入り、和気あいあいとした雰囲気での夕食となりました。 食後は買い残したお土産を求めて最後のショッピングに出かける人、まだまだ飲み足りない人、次の日の早朝の出発に備えて休む人など、それぞれでした。


3月11日(木)

名古屋、成田、関西、福岡に向けてそれぞれ出発し、全員無事帰国しました。

 
Copyright (C) 2001-2004 The Japan Association of Chinese Cuisine.