JACCロゴ 社団法人 日本中国料理協会
Home
協会情報
入会案内
関連リンク
お問合せ
News

日中協第26回定期総会開催

平成17年度事業計画並びに予算案を承認

伊東会長より目録を受領する高橋新潟県支部長

伊東会長より目録を受領する高橋新潟県支部長

 

社団法人日本中国料理協会の第26回定期総会が、平成17年1月20日(木)午後2時より、東京・高輪の高輪プリンスホテルにおいて開催された。

司会の菰田欣也青年部長より、平成16年3月31日を基準日とする総会代議員定数283、うち出席代議員数95、委任状提出123、合計218名の出席により総会の成立を宣言した。

陳建一副会長が開会の辞を述べ、続いて伊東会長が挨拶を行なった。また、会議の進行に先立ち、平成16年10月23日に発生した新潟県中越地震の、会員被害に寄せられた日中協全国各地区本部・支部からの義捐金の目録が、伊東会長より新潟県支部高橋修司支部長に手渡された。この後、議長に斉藤昌一副会長、議事録署名人に大石清治、山本猛両常任理事が選任され、議事に入った。

挨拶する日中協名誉顧問の田村憲久衆議院議員

挨拶する日中協名誉顧問の田村憲久衆議院議員

 

平成17年度事業計画案では、専門調理師制度を見直し、資格取得者有効活用のための活動を行う、中国酒並びに中国茶アドバイザー(いずれも仮称)の認定試験実施の可能性を探る、ホームページの充実並びに有効活用を行い、消費者を対象とした広範なPRを通じて会員店舗、賛助会員専用サイトを立ち上げ利便性を図る、などの事業が説明され、平成17年度収支予算案とともに全員異議なく承認された。

以上の審議を終え、福井信夫中部地区本部長の閉会の辞で総会を終了した。 

引き続き、午後3時より同ホテルにおいて平成17年新春賀詞交歓会・各種表彰受賞者合同祝賀会が行われ、来賓並びに会員・賛助会員多数が出席し、盛大に開催された。

Copyright (C) 2001-2004 The Japan Association of Chinese Cuisine.