JACCロゴ 社団法人 日本中国料理協会
Home
協会情報
入会案内
関連リンク
お問合せ
News
第2回ヨーロッパのワインを楽しむ中国料理コンクール 決勝大会開催

審査中 写真 11月12日、「第2回ヨーロッパのワインを楽しむ中国料理コンクール」の決勝大会が東京で開催され、予選を経て決勝戦に臨んだ中国料理調理士16人が各々の作品を実際に調理し、腕を競いました。
  このコンクールは、昨年の第1回大会同様、欧州共同体(EC)、アルザスワイン委員会(CIVA)、シェリー産地生産者連盟、(FEDEJEREZ)、ローヌワイン委員会(INTER−RHONE)、タヴェルワイン組合(SVAT)が主催し、(社)日本中国料理協会が協賛して行われたもので、昨年を上回る128点の応募があり、中国料理調理士のワインに対する関心の高さを示すものとなりました。
受賞者 写真  前菜部門8点、熱菜部門8点の決勝作品は、日中協会長の揚井國雄審査委員長はじめ協会役員およびワイン専門家からなる審査員チームによって、試食を伴う審査が行われ、入賞作品が決定されました。
  今回は、作品のテーマが中国料理に最もなじみの深い「豚肉」ということもあり、中国料理本来の技を生かした作品が多く見受けられ、ワインとの組み合わせもよく研究しているとの評でした。

アルザス、タヴェル、コート・デュ・ローヌ、シェリーの各特別賞(副賞はワイン生産地への研修旅行ご招待)の受賞者とその作品は、次のとおりです。

アルザス賞
アルザス賞 
喜田 哲次(新阪急ホテル)
新派猪三様(鳥龍肴肉、五鮮凍猪耳、猪腰豆腐
タヴェル賞  
タヴェル賞 
西嶋 栄人(ホテルメトロthe21 乾隆亭)
鴛鴦薄荷鳳梨肉
コート・デュ・ローヌ賞  
コート・デュ・ローヌ賞  
五月女 和正(中国料理チャイナポート)
紅寶美艶猪鴛鴦(布林咸蛋猪手捲,金華芝士炸芋角)
シェリー賞  
シェリー賞   
喬 俊和(中国料理 三海龍)
葡園風情
画像をクリックすると拡大表示されます
Copyright (C) 2001-2004 The Japan Association of Chinese Cuisine.