JACCロゴ 社団法人 日本中国料理協会
Home
協会情報
入会案内
関連リンク
お問合せ
News
日中協設立20周年記念事業
 
第4回青年調理士のための全日本中国料理コンクール
再び香港において熱戦を展開

 - コンクール受賞者リスト
  - コンクール審査委員
 
開会式 写真
開会式で挨拶する日中協揚井会長
(香港中華厨芸学院にて)
  当会は、『第4回青年調理士のための全日本中国料理コンクール』決勝大会を厚生労働省、農林水産省、国土交通省、在香港日本国総領事館、世界中国烹連合会の後援、香港政府観光局、香港中華厨芸学院の特別協力、および李錦記の特別協賛を得て、2月25日〜27日、香港において実施しました。

  今大会は、当会設立20周年記念事業の締めくくりとして行われ、平成13年の前大会と同様、青年調理士が中国料理の先進地香港において決勝作品を制作することで、本場の中国料理に触れ、調理技術の一層の向上を図ることをその大きな目的としました。

 競技は熱菜・魚介、熱菜・畜禽、デザート、定食の4部門で行われ、全応募作品350点の中から、予選審査を通過した各部門決勝進出者10名、計40名の選手が香港に渡り、後援省庁の大臣賞や協賛団体等の特別賞をめざして熱戦を繰り広げました。

 
コンクール 写真1   コンクール 写真2
4部門、計40人の選手が熱戦を繰り広げた 審査を終えた作品は展示会場で公開された

 決勝大会は、25日が選手自身による現地市場を巡っての材料調達と準備、26日が香港中華厨芸学院を会場とした決勝戦と作品展示を行い、翌27日、会場をグランドハイアット香港に移して、表彰式と表彰祝賀晩餐会を行いました。

 
コンクール 写真3   コンクール 写真4
表彰式で挨拶する揚井会長
(グランドハイアット香港にて)
金賞受賞者には後援省庁の
大臣賞が贈られた
 
コンクール 写真5 コンクール 写真6
メダルを胸に表彰式を終えた
40名の選手たち
表彰祝賀晩餐会は500人余りが出席し、
特別ディナーを楽しんだ

 今回も香港の著名な料理人や食評論家が審査に加わって選考に権威を与え、さらに世界中国烹連合会の姜習名誉会長をはじめとする中国、アジアからの来港や日本から300名近い参観団の参加、また表彰式の司会をアグネス・チャンが華やかに務めるなど、前大会を超える盛況の中、大会は成功裡に終了しました。

 
コンクール 写真7   コンクール 写真8
決勝審査には香港からも著名なシェフや
食評論家が加わった
日本から300名近くの参観者が訪れた
 
コンクール 写真9 コンクール 写真10
香港出身のアグネス・チャンが
司会役を務めた
地元香港のメディアも高い関心を示した

 また、大会に対する現地香港の新聞・テレビなどメディアの関心は非常に高く、選手は行く先々でマスコミの取材攻勢を受けました。

コンクール 写真11
ボランティアで運営を担当した実行委員の皆さん
Copyright (C) 2001-2004 The Japan Association of Chinese Cuisine.