JACCロゴ 公益社団法人 日本中国料理協会
Home
協会情報
入会案内
関連リンク
お問合せ
Information

第59回海外研修視察旅行

〜秋の台北近郊 4泊5日の旅〜

 第59回日中協海外研修視察旅行は、台湾・台北を中心に近郊を巡る旅とする。

[写真]

 台湾はもともとマレー・ポリネシア系の原住民が住んでいた土地に、十六世紀頃から漢民族が徐々に入植して今日のような社会を形成し、またその後、オランダや日本など外来政権に統治された経験を有する。

台湾料理は、これらの歴史的経緯を背景に、今日まで福建料理をベースに独自の発展を遂げてきた。古くから外食文化も盛んで、夜市に代表される路上の屋台で多彩な小吃を楽しむことができ、これらが台湾の食文化の一翼を担っている。今回は、台北を中心に日本に最も近い港町「基隆」の台湾一と謳われる屋台街や映画の舞台にもなった九?の町、220sの巨大金塊に直接触れることのできる金瓜石黄金館を訪れる。

食事の手配及び交流相手を台北市餐飲業職業工會にお願いする。

 

【募集要項】

  • ◆ご旅行期間 : 平成29年10月16日(月)〜10月20日(金)
  • ◆ご旅行代金 :成田発¥99,000円(旅行団総数20名以上の場合)¥105,000円(旅行団総数15名以上の場合)※ 中部、関西、福岡その他空港利用者については個別対応致します。
    ◆ 食事代金 : ¥50,000(旅行代金とは別)
    ◆ 申込締切 :平成29年9月14日(木)
    ◆ 申込方法 : (公社)日本中国料理協会事務局までお問い合わせください。電話03-3666-5415
    ◆ 最少催行人員 :15名

■日程

<1日目>
10月16日
14:15 成田発エバー航空 BR197
16:50 台北(桃園)着
着後:専用車にて市内へ
夕食:市内レストラン(全団合流)
台北泊

<2日目>
10月17日
午前 台北より専用車にて九フンへ
嘗て金山で賑わった九フン、金瓜石散策。千と千尋の神隠しの舞台をお楽しみください。
昼食後、基隆へ移動
午後:基隆観光。海門天険・和平島海角楽園・中正公園等
夕食後、台湾一と謳われる基隆廟口夜市へ
基隆泊

<3日目>
10月18日
朝 基隆より専用車にて野柳風景区へ
野柳風景区・金山の金包里老街・金寶山 ケ麗君(テレサテン)墓園見学
昼食後:陽明山(または淡水)を見学しながら台北へ
台北泊

<4日目>
10月19日
午前 専用車にて終日台北市内観光
国立故宮博物院・中正記念堂・忠烈祠・台北101・迪化街などの見学、買い物など
台北泊

<5日目>
10月20日
早朝:専用車にて台北空港へ
08:50 台北(桃園)発エバー航空 BR198
13:15 成田着

※上記スケジュールは、2017年7月3日現在の運行スケジュールを基準に作成しております。   スケジュールの改定、現地事情等により日程の一部が変更になる場合がございます。

☆利用予定航空会社:エバー航空?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【ご旅行条件】(要旨)
本旅行は「募集型企画旅行」ではありません。
本旅行は「受注型企画旅行」であり、お客様と(株)ゴールド文化交流企画との契約内容は受注型企画旅行契約となります。

■旅行代金に含まれるもの
@国際線航空運賃:エバー航空エコノミークラス利用
A滞在費用:日程表記載の食事費用、観光、
視察及び都市間移動に伴う専用車費用、交通費、各地日本語ガイド代
B2人1部屋での宿泊料金(台北:ロイヤルシーズン南西館クラス、基隆:Kホテル基隆館クラス)
C添乗員経費(成田空港から同行いたします)

■旅行代金に含まれないもの
@各地空港税
a)成田:¥2,610.- 
b)台北:国際線 ¥1,850.-(7/5のレート)
c)航空保険料:¥600.-
d)燃油サーチャージ:¥3.000.−(7/5現在)
A1人部屋利用追加料金 ¥30,000.-
B23s×2個を超過した託送荷物料金
C渡航手続諸費用、印紙代等
D日本国内の交通費、宿泊費、食費
E 医療費、任意加入の旅行傷害保険料

 

  • 【 問合せ・申込先 】
    (公社)日本中国料理協会 事務局
    〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-8-5JACCビル3F
    TEL:03−3666−5415 FAX:03−3666−5421

  • 【 旅行企画・実施 】
    桓゙ールド文化交流企画/担当:斉藤
    東京都知事登録旅行業第3-4873号
    〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町1−9−11石川COビル5F
    TEL:03−5298−1151 FAX:03−5298−1153
    総合旅行業務取扱管理者:齋 藤 緑
Copyright (C) 2001-2004 The Japan Association of Chinese Cuisine.