JACCロゴ 公益社団法人 日本中国料理協会
Home
協会情報
入会案内
関連リンク
お問合せ
 
Information

店長、支配人等の管理職及びサービス従事者 (調理との兼務者を含む)、学生のための

日中協 中国料理飲食服務技能 認定試験 ( 2級・3級 ) 受験案内

 日中協では、店長、支配人等の管理職及びサービス従事者(調理との兼務者を含む)をはじめ、これからサービス従事者を目指す方のための「中国料理飲食服務技能認定試験」(2級・3級)を、平成29年8月に東京で実施します。
  この認定試験は学科と実技からなり、各級とも、実技試験では、中国料理のサービスに携わる者が持つ技能の到達度、基本的作業の習熟度等について客観的に評価し、また学科試験では、判断力や業務に必要な知識を身につけているか等を審査します。
  受験者のうち、実技、学科の両試験を合格した者には、受験した等級に相応しい技能、知識の保持者であることを日中協が認定し、認定証を発行します。
  またこれまでに、2級または3級の実技、学科のどちらか一方の試験にのみに合格している者は、今回の試験の受験申し込みの際に「免除申請」を行うことで、すでに合格している科目の受験が免除になります。(免除資格は合格後2年後の受験まで有効)
  中国料理に関するサービス技能、知識等を客観的に評価、認定して、中国料理のサービスに携わる者の社会的地位の向上を図るために日中協が行うこの認定試験は、受験資格を持つ方であれば、店長、支配人等の管理職はもちろん、サービス従事者、調理との兼務者をはじめ、3級試験では、調理師専門学校(2年課程・中国料理専攻)や観光専門学校(2年課程・料飲サービス学科等)の第2学年在学生も受験できますので、是非ともこの機会を逃さず、奮ってお申込み下さいますようご案内申し上げます。

日中協 中国料理飲食服務技能 認定試験( 2級・3級 )のあらまし

1.実技・学科の試験日

    3級試験  平成29年 8月22日(火)

    2級試験  平成29年 8月23日(水)

    ※ 同じ年度に、複数の級の試験を受験することはできません。

2.受験申請書の受付期間・定員

    平成29年 6月1日(木)〜7月25日(火)

                            日中協本部事務局必着(締切厳守)

    ※ 各級とも 先着4 0名(締切日より前でも定員になり次第締め切ります)

3.受験資格

    3級受験者   (①〜⑤のうち、どれか1つを満たしている者)
    1. ① 中国料理の料飲接遇サービスに関する実務経験が、1年以上ある者

    2. ② 高等学校の調理または料飲接遇サービスに関する学科を卒業した者

    3. ③ 専門学校または専修学校の調理または料飲接遇サービスに関する学科を 卒業した者  

    4. ④ 『専門調理師』『調理技能士』の資格取得者(取得年度は問わない)

    5. ⑤ 調理師専門学校(2年課程・中国料理専攻)、観光専門学校等(2年課程・料飲サービス学科等)の第2学年に在学する者で、日中協会長が認めた者

    6. ☆ 上記A〜Dは、中国料理の料飲接遇サービスに関する実務経験年数を問わない。
    2級受験者  (①〜⑤のうち、どれか1つを満たしている者)
    1. ① 中国料理の料飲接遇サービスに関する実務経験が、5年以上ある者

    2. ② 高等学校の調理または料飲接遇サービスに関する学科を卒業してから、中 国料理の
         料飲接遇サービスに関する実務経験が、4年以上ある者

    3. ③ 専門学校または専修学校の調理または料飲接遇サービスに関する学科を卒業してから、中国料理の料飲接遇サービスに関する実務経験が、4年以上ある者  

    4. ④ 『専門調理師』『調理技能士』の資格を取得者してから、中国料理の料飲接遇サービスに関する実務経験が、4年以上ある者

    5. ⑤ 中国料理飲食服務技能認定試験3級を合格している者

4.試験実施地・会場(2級・3級とも)

    東京会場 [1会場のみ]
(学)誠心学園 東京誠心調理師専門学校
東京都大田区蒲田3−21−4

京浜急行 京急蒲田駅西口下車 徒歩 2分

JR・東急 蒲田駅東口下車  徒歩10分

5.実技試験問題公表      平成29年7月予定

     実技試験受験者には、受験申請書到着後、7月中旬以降に(公社)日中協から各自宛てに、実技試験問題及び受験票を送付します。
      学科試験受験者には、受験申請書到着後、7月中旬以降に(公社)日中協から各自宛てに、受験票を送付します。

6.学科試験出題範囲

    食品衛生、公衆衛生、安全衛生、施設管理、料飲一般、中国料理接遇サービス

7.合格発表    平成29年9月下旬

    (公社)日中協から、両試験合格者(免除申請者含む)には各級認定証を、学科または実技試験の一方のみの合格者には、その科目の各級合格証を送付致します。

8.受験申請の手続きについて

①受験申請書を取り寄せる 日中協本部事務局またはサービス技能支部から受験申請書を取り寄せる。(申請書は無料)
申請書ダウンロード
②受験申請書を仕上げる

受験申請書に必要事項を漏れなく記入し、受験手数料を払い込み、写真を所定の位置に貼る。

③受験申請書を送付する 受付期間内 【 平成29年6月1日〜7月25日】に、日中協本部事務局に送付する。(締切厳守)


    受験申請書を提出する際の注意事項

  • ☆ 『専門調理師』『調理技能士』の資格取得により受験する者は、
       その証書のコピーを添付すること。

  • ☆ 専門学校または専修学校の調理または料飲接遇サービスに関する学科を卒業した者、または高等学校の調理または料飲接遇サービスに関する学科を卒業した者で、中国料理の料飲接遇サービスに関する実務経験が1年以下の者は、 その 証書のコピーを添えること。

  • ☆ 調理師専門学校(2年課程・中国料理専攻)、観光専門学校(2年課程・料飲サービス学科等)の第2学年に在籍する者が3級試験を受験する場合は、在学証明書のコピーを添えること。

  • ☆ 実技試験または学科試験をすでに合格している者が、今回の試験で、前回不合格だった科目を
    改めて受験する場合は、合格している試験の免除申請が行える。 免除申請を行なう場合は、実技試験または学科試験の合格証のコピーを添えること。 (免除申請は、すでに合格している実技試験または学科試験の等級と同一等級の試験を 改めて受験する場合にのみ行うことができます)

  • ☆ 上記の免除申請の資格は、各級とも、合格後、2年間にわたって有効です。
      (平成27年度の試験 <平成27年8月実施> において実技試験または学科試験を合 格した者が、  改めて同一等級の試験を受験する際、今回の試験 <平成29年8月 実施> まで、合格した科目の  試験の免除申請をすることができます)

9.受験手数料

    3級試験  実技試験・学科試験   合計 10,800円


    •   ( 学科免除申請をする者 <実技のみの受験者> は  5,400円 )
    •   ( 実技免除申請をする者 <学科のみの受験者> は  5,400円 )

    2級試験  実技試験・学科試験   合計 16,200円


    •   ( 学科免除申請をする者 <実技のみの受験者> は 10,800円 )
    •   ( 実技免除申請をする者 <学科のみの受験者> は  5,400円 )

10.認定バッチの販売

    合格者には認定バッチを販売いたします。
    (各級とも会員2,000円 非会員2,500円 送料込)

11.問い合わせ・受験申請書の取り寄せ・提出先

日中協本部事務局

TEL 03−3666−5415  FAX 03−3666−5421
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2−8−5 JACCビル3F

◇ 試験当日の昼食は、各自でお済ませ下さい。

 
Copyright (C) 2001-2004 The Japan Association of Chinese Cuisine.