お知らせ

第33回中国派遣 調査・研究員 募集案内

2019年07月24日(水)

(公社)日本中国料理協会では、2019年度の公益事業の一つとして、調査・研究員を中国に派遣し、現地の中国料理文化、調理技術等を調査・研究する事業を実施致します。この事業は、当会が昭和62年度から実施してきた「医食同源についての調査」から引き続いて実施しており、今年で第33回となります。

今回は四川省成都市を中心に、10月22日から11月2日まで12日間(予定)、「四川料理」の調査・研究を行います。

 

1.事業概要

(1) 主  催 : 公益社団法人 日本中国料理協会

(2) 協  力 : 中国烹飪協会、四川卞氏菜根香泡菜餐飲有限責任公司

(3) 目  的 : 中国・四川省成都市に調査・研究員(以下、「研究員」という)を派遣して、現地の飲食文化、調理技術、習慣などの調査・研究を行い、国民の公衆衛生の向上、日本の中国料理文化の振興に寄与し、併せて中国料理を通じて国際交流促進の実を挙げる。

(4) 受 入 先 : 四川卞氏菜根香泡菜餐飲有限責任公司(中国・四川省成都市)

(5) 期  間 : 2019年11月5日(火)~11月16日(土)の12日間(予定)

(6) 募集人員 : 4名

(7) 応募資格 : 下記の条件をすべて満たすこと

① 原則年齢27~45歳(調査期間中)、5年以上の調理従事経験を持つ現役の中国料理調理師であること
② 中国料理「専門調理師・調理技能士」の資格取得者であること
③ 日本の中国料理の更なる普及発展に対し貢献できること

2.応募について

(1) 下記の書類を同封し、締切までに日中協事務局まで送付のこと

 調査研究員申込書はこちらからダウンロードできます

① 応募申込書・推薦書( 所定様式の「応募申込書・推薦書」に記入)
② 作文/400字詰原稿用紙3枚
( テーマ : 研究したい料理・また研究成果をどのように活かしたいか等 )
③ 顔写真 3cm×4cm 2枚 (正面・無帽・カラー、1枚は申込書に貼る)

(2) 応募締切 : 2019年 828日(  日中協事務局 必着

(3) 選考方法 : 当会会長、副会長、技能検定試験中央試験委員等が選考し決定する

(4) 選考発表 : 2019年9月中旬 (選考結果は本人に直接通知する)

(5) 誓約書等 : 選出された者には誓約書及び勤務先施設長の承諾書等を提出頂きます

 

※ 応募書類に不備のある場合は、受付けできません。返却は致しません。
※ 応募書類の個人情報は厳重に管理し、当該事業にのみ使用致します。

 

3.渡航費用について

(1) 日中協の事業経費で賄う部分は、国際航空運賃及び調査・研究日程に組込まれた調査・研究費、宿泊費 ( 2人1室 )、食費 ( 1日3食 ) となります。

調査・研究日程以外で研究員が現地で行う飲食や、移動にかかる費用、及び個人的な買物等については、研究員の個人負担となります。

(2) その他、調査・研究に出発する際の日本国内の交通費、宿泊費、及び旅券、旅行傷害保険等の経費は研究員の個人負担となります。

 

4.その他

(1) 研究員は、次の催しに必ず出席・参加すること。
①2019年10月23日(水)に東京で開催する[研究員打ち合せ会]
②2020年1月に東京で開催される日中協本部総会(調査・研究報告会)、並びに総会翌日の研修料理作成会(圓卓掲載用料理)
※ 会場までの交通費、材料費は研究員の個人負担となります。

(2) 帰国後の提出物
・研修料理レシピ、研修先での写真、レストランのパンフレット等

 

問い合せ先:

公益社団法人日本中国料理協会事務局

(℡)03-3666-5415