お知らせ

「食養薬膳調理」通信講座 第10期生募集(終了)

2019年04月01日(月)

「食養薬膳調理」通信講座  第10期生募集のご案内

(公社)日本中国料理協会では、平成22年9月から中国・中華中医薬学会営養薬膳専家分会と共同で「食養薬膳調理」通信講座を開設し、現在、8、9期生が学習を進めております。
この講座は、2年間20回の通信講座と2回のスクーリングにより、中医学理論と医食同源の伝統を持つ中国料理の調理法を学び、食材の持つ食効(薬効)を最大限に活かすことにより、消費者の健康増進に寄与することを目的に行なうものです。
2年間の通信講座修了後、受講者には、中国・中華中医薬学会営養薬膳専家分会による「営養薬膳師」学科試験と、当会によるレシピ作成試験、実技試験を受験して頂き、合格者には同分会から「営養薬膳師」の称号が授与されます。(通信講座を修了しただけでは「営養薬膳師」の称号は与えられません。)
つきましては下記により第10期生を募集いたしますので、会員各位はもちろん、東洋医学や健康に関心のあるお客様、関連業者の方々も奮ってご受講下さるようご案内致します。
※本講座は2020年開講の第11期の募集をもって新規募集を修了致します。

「食養薬膳調理」通信講座 第10期

1.受講期間  2019年8月初旬から2年間 ( 通信講座20回 + スクーリング2回 )

2.受講費用  14万円
[ 日中協会員・賛助会員特別価格 10万円 / 圓卓会員特別価格 12万円 ]
但し下記の費用は受講費用に含まれません。
スクーリング費用合計3万円、通信講座修了後の学科試験6千円、実技6千円、
合格後の証書登録費用1万5千円については別途

3.費用の分納 青年部会員(40歳未満)については、一定条件のもと、相談に応じます。

4.「受講申込書」に必要事項を記入の上、日中協本部にお申し込み下さい。

「受講申込書」ダウンロード PDFWORD

5.支払方法  申込書到着後、請求書を送付しますので、指定口座にお振込下さい。

6.申込締切  2019年 6月30日

☆ 免除資格 「専門調理師・調理技能士」の資格取得者(料理分野は問わず)は、「営養薬膳師」試験の実技試験が免除されます。

◇ 申込・問合先  (公社)日本中国料理協会 事務局  TEL 03‐3666‐5415
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2‐8‐5 JACCビル3F

 「食養薬膳調理」通信講座のカリキュラムと資格取得までの流れ (予定)
☆ スクーリングの時期は変更になる場合があります
2019年
8月 第 1回 第1章 食養薬膳学の概念と歴史
9月 第 2回 第2章 食養薬膳学基礎思想
10月 第 3回 第3章 東洋医学の人体の認識 臓象学説「心」「肝」「脾」
11月 第 4回 第3章 臓象学説 「肺」「腎」「六腑各論」「奇恒の腑」
12月 第 5回 第3章 精、気、神、経絡
2020年
1月      《 休講 》
2月 【 第1回スクーリング 】( 東洋医学の特色、臓器学説、精・気・神 等 )
3月 第 6回 第4章 東洋医学の病因論 三因学説、六淫
4月 第 7回 第4章 七情、飲食、疲労、性生活、運動不足、外傷、痰飲、?血、気滞
5月 第 8回 第5章 東洋医学の症候分類法 八綱理論
6月 第 9回 第6章 薬剤学、漢方薬の薬性
7月 第10回 第6章 方剤学、炮制学
8月 第11回 第7章 食養薬膳の応用原則 八法運用 汗、吐、下、和、温、清
9月 第12回 第7章 八法運用 補、消
10月 第13回 第8章 食養薬膳原料 食材原料
11月 第14回 第8章 食養薬膳原料 常用漢方生薬
12月 第15回 第9章 食養薬膳の制作 調理法1
2021年
1月      《 休講 》
2月 【 第2回スクーリング 】( 中薬学概論、国内法規、四季養生、レシピ 等 )
3月 第16回 第9章 食養薬膳の制作 調理法2
4月 第17回 第10章 四季食養薬膳 春夏
5月 第18回 第10章 四季食養薬膳 秋冬
6月 第19回 第11章 病気の予防と体調の改善 かぜ、便秘、貧血、冷え性
7月 第20回 第11章 病気の予防と体調の改善 咳、痰、老化、血行
↓ ( 全20回受講修了者に、下記「営養薬膳師試験」の受験資格が与えられる)

【 営養薬膳師試験 】
① 学科試験    (2021年10月頃)
② レシピ作成試験 (2021年12月頃)
③ 実技試験    (2022年3月頃) ※【専門調理師・調理技能士は試験免除】

全てに合格 → 中華中医薬学会営養薬膳専家分会合格名簿登録→「営養薬膳師」資格証書発行